心と体の関係を考えるブログ

過敏性腸症候群(IBS)と20年向き合った経験や最近になって慢性化しかけた腰痛に苦しんだ経験を通して、心と体の関係に興味を持つようになりました。調べて学んだことや経験したことを記事にしています。

過敏性腸症候群

【体験談】過敏性腸症候群(IBS)とは?今まで経験してきた症状をご紹介

この記事では、過敏性腸症候群(IBS)とはそもそも何なのか、僕が過敏性腸症候群(IBS)にかかったきっかけ、今まで経験してきた症状などについてご紹介したいと思います。 過敏性腸症候群(IBS)とは? 僕が過敏性腸症候群(IBS)にかかったきっかけ 今までの過…

【ギュルギュル対策】黒梅日和の効果,口コミ,評判は?

画像出典元:「北の快適工房 J NORTH FARM」 「いつギュルギュルが来るかわからない」というのは本当に辛いです。僕もその過敏な反応に悩まされ続けてきました...。勉強にも仕事にも旅行にも影響します...。そんな僕が注目しているサプリに「黒梅日和」があ…

【体験談】自炊すると下痢になる、自分の料理でお腹を壊す

過敏性腸症候群(IBS)と一口に言っても、その症状は様々です。下痢型の人もいれば、便秘型の人もいます。また、下痢と便秘を交互に繰り返す人もいます。また、どんな時に腹痛が起きたり症状が悪化したりするかも人によって異なるでしょう。 僕も、自分特有…

言葉や慣用句から「心と腸の関係」を考えるー脳腸相関

「脳腸相関」という言葉があります。これは、脳と腸が双方向に影響を及ぼし合う関係にあることを示す言葉です。そして、近年、「脳腸相関」が存在することは科学的にある程度証明されてきているそうです。 脳腸相関が存在するとすれば、脳(心)の状態が良く…

ペパーミントティーが過敏性腸症候群(IBS)に効く?

ペパーミントティーにはさまざまな効果があり、過敏性腸症候群(IBS)の症状改善に効果的とも言われています。今回は、そんなペパーミントティーの効果についてまとめてみたいと思います。 ペパーミントティーの効果 ・鎮静効果 心地よい香りのペパーミントテ…

【体験談】円皮鍼(スポールバン)で過敏性腸症候群(IBS)を改善する

僕は3か月くらい前から、過敏性腸症候群(IBS)改善のために、スポールバン(円皮鍼)を貼っています。いろいろなツボに貼って効果を試してきました。今回は、どんな貼り方をすると下痢の改善に一番効果があるのか、経験に基づいた個人的な見解をご紹介しま…

新幹線を運転中に腹痛など考えたくもない...

今日、以下のニュースが報道されていました。 走行中の東海道新幹線で、運転士が約3分間、運転室を離れた事案があった。腹痛に耐えられず、運転資格のない車掌を運転室に呼んでトイレに行ったという。JR東海は社内ルールに違反したと説明するが、時として避…

【仮説】乗り物酔いしやすい人は過敏性腸症候群(IBS)になりやすい?

以下の記事で、「過敏性腸症候群(IBS)の原因には免疫の誤作動が関係しており、抗ヒスタミン薬が治療に役立つ可能性がある」という最近の研究について取り上げました。 ibsibs.hatenablog.com さて、抗ヒスタミン薬といえば、「乗り物酔い」の対策でも使われ…

お腹が弱い歴史上の人物-ルイ14世

調べてみると、歴史上の人物の中にも「お腹が弱かったのではないか」と考えられている人たちがいます。これまで石田三成、徳川家康、西郷隆盛、勝海舟を取り上げましたが、今回は世界に目を向けて、ルイ14世(1638~1715)について紹介します。 ルイ14世はフ…

お腹が弱い歴史上の人物-勝海舟

渡米時に撮影された写真 調べてみると、歴史上の人物の中にも「お腹が弱かったのではないか」と考えられている人たちがいます。これまで西郷隆盛、石田三成、徳川家康を取り上げましたが、今回は勝海舟(1823~1899)をご紹介します。 勝海舟は、西郷隆盛と…

お腹が弱い歴史上の人物-徳川家康

徳川家康像(狩野探幽画、大阪城天守閣蔵) 調べてみると、歴史上の人物の中にも「お腹が弱かったのではないか」と考えられている人たちがいます。これまで西郷隆盛、石田三成を取り上げましたが、今回は徳川家康(1543~1616年)をご紹介します。 戦国時代…

過敏性腸症候群(IBS)の原因は「免疫の誤作動」と関係?

どんな病気でも、その原因を解明することは非常に重要です。原因がわかれば治療法も確立しやすいですし、逆に原因不明の病気の有効な治療法はなかなか見つかりません。 過敏性腸症候群(IBS)も原因がまだはっきり解明されていませんので、これといった治療法…

お腹が弱い歴史上の人物-石田三成

肖像画(東京大学史料編纂所所蔵) 調べてみると、歴史上の人物の中にも「お腹が弱かったのではないか」と考えられている人たちがいます。前回は西郷隆盛を取り上げましたが、今回は石田三成(1560~1600年)をご紹介します。 ibsibs.hatenablog.com 石田三…

お腹が弱い歴史上の人物-西郷隆盛

肖像画(エドアルド・キヨッソーネ作の版画) 調べてみると、歴史上の人物の中にも「お腹が弱かったのではないか」と考えられている人たちがいます。その中の一人が、西郷隆盛(1827~1877年)です。 西郷隆盛というと、大柄で豪快で強そうなイメージがあり…

抑揚がない話し方をする人には過敏性腸症候群が多いのか?

僕は仕事でたまにスピーチやプレゼンをしなければならないことがあります。先日、その時の声を録音して後で聞いて見ました。すると、声の調子が物凄く平坦で自分でもビックリしました。 自分ではもっと抑揚を付けて気持ちを込めて話をしていたつもりだったの…

下痢型の過敏性腸症候群患者はどれくらいいるのか?

過敏性腸症候群(IBS)にかかっている人は日本にどれくらいいるのでしょうか? 推定では、実に1,200万人いると考えられています。日本人のおよそ10人に1人です。 10~40代の若い世代での発症が多いそうです。 ストレスなどの心理的なものが過敏性腸症候群の…

【体験談】過敏性腸症候群(IBS)に効く整腸剤はどれだった?

過敏性腸症候群(IBS)のつらい症状に苦しんでいる場合、薬で何とかその症状を抑えたいという気持ちになると思います。僕も、いくつかの薬を試しました。そこで今回は、僕が今まで実際に使った薬にどの程度の効果があったのかをご紹介します。無論、どの人に…

薄毛(AGA)と過敏性腸症候群(IBS)はどちらがつらいのか?

カルボは、薄毛(AGA)と過敏性腸症候群(IBS)という悩みを抱えてきました。幸い、どちらについても対策を考えて講じてきた結果、今はほとんど悩んでいない状態になっています。でも、つらかった時のことを思い出して「薄毛(AGA)と過敏性腸症候群(IBS)…

外出自粛の間はとりあえず自宅で慢性疼痛対策をするー2

この記事の内容は、以下の記事の続きとなっています。 ibsibs.hatenablog.com 上の記事でご説明した通り、帰国に合わせて、アマゾンで、スポールバン(円皮鍼のようなもの)、低周波治療器、、円座クッションを購入しましたので、それらを使って慢性的な腰回…

外出自粛の間はとりあえず自宅で慢性疼痛対策をする-1

この記事の内容は、以下の記事の続きです。 ibsibs.hatenablog.com あれから無事に日本に帰国しました。空港で唾液によるPCR検査を受けて陰性の結果が出たので、その日のうちにレンタカーで実家に帰ることができました。飛行機3本乗り継ぎ、ドアtoドアで35時…

【体験談】カルボが今まで実践してきた過敏性腸症候群(IBS)対策をご紹介

カルボは、今まで20年近くにわたり下痢型の過敏性腸症候群(IBS)に悩まされてきました。具体的な症状については、下記の記事でご覧いただけます。 過敏性腸症候群(IBS)とは?今まで経験してきた症状をご紹介 - カルボの過敏性腸症候群(IBS)の改善体験談 今回…

過敏性腸症候群(IBS)の人におすすめの本をご紹介

過敏性腸症候群(IBS)で悩んでいる方は、ネットでいろいろ調べて、役立つ情報を手に入れていることでしょう。 でも、ネットに載せられている情報は時に不正確だったりします。特に個人が書いているサイトの情報はいつでも信頼できるわけではありません。 もち…

自律神経失調症にかかった?過敏性腸症候群再発?状況と対策をご報告-後編

この記事は、「自律神経失調症にかかった?過敏性腸症候群再発?状況と対策をご報告-前編」の続きです。まだ「前編」をご覧になっていない方は、以下のリンクから見てみてください。 ibsibs.hatenablog.com 前編からの続きを、時系列で状況をご報告します。…

自律神経失調症にかかった?過敏性腸症候群再発?状況と対策をご報告-前編

先々週の木曜日から体が不調になり、お腹も久しぶりに下しました。わかりやすく時系列で状況をご説明すると、下記の通りとなります。 6月11日(木) 夜、体が震え、パニックに近い状態になる。 6月12日(金) 昨晩体が震えた感覚が体全体に残っている感じ。体調…

足ツボで過敏性腸症候群(IBS)が改善した?やり方を図解!

以前の記事でご説明した通り、カルボは不眠対策のために、不眠や自律神経失調症に効くとされる足ツボを自分で押すようにしました。すると、不眠に絶大な効果を発揮したばかりか、過敏性腸症候群(IBS)の症状も改善しました。今では、足ツボを寝る前に押すよ…

サプリメントで過敏性腸症候群(IBS)を改善させることはできるか?

過敏性腸症候群(IBS)や下痢・便秘などの症状を改善させるためのサプリメントが販売されていますが、そうしたサプリメントで過敏性腸症候群を治したり改善させたりすることはできるのでしょうか? サプリメントで過敏性腸症候群(IBS)を改善させることは可能…

足ツボで過敏性腸症候群(IBS)が改善した!?―2週間後

下記の記事で解説した通り、カルボはコーヒー(カフェイン)を控えることによってしばらくの間過敏性腸症候群(IBS)の症状を改善させることに成功しましたが、最近はその効果がなくなってきており、自律神経が乱れているのか不眠にも悩まされる日が多くなり…

コーヒーをやめたら過敏性腸症候群(IBS)が改善された?ー8ヵ月後

下痢型の過敏性腸症候群(IBS)に長年悩まされてきたカルボは、カフェインが症状を悪化させているのではないかと考え、2019年9月にコーヒーを飲むのをやめました(カフェインの摂取をやめました)。今では、コーヒーをやめてから7ヵ月が経ちました。今回の…

過敏性腸症候群(IBS)の可能性を測定できるアプリが東北大学から登場!

東北大学は2018年1月26日、過敏性腸症候群(IBS)の可能性を測定できるiPhone用のアプリ「おなかナビ」をリリースしました。これはどんなアプリなのでしょうか? 東北大学開発の「おなかナビ」とは? 東北大学が開発した「おなかナビ」は、iPhoneのカメラに…

コーヒーをやめたら過敏性腸症候群(IBS)が改善された?-6ヵ月後  

以前の記事でご説明した通り、下痢型の過敏性腸症候群(IBS)に長年悩まされてきたカルボは、2019年9月22日の朝に飲んだコーヒーを最後に、コーヒー(カフェイン)をほとんど断つことにして、それを今(現在2020年4月8日)に至るまで半年以上継続しています…