心と体の関係を考えるブログ

過敏性腸症候群(IBS)と20年向き合った経験や最近になって慢性化しかけた腰痛に苦しんだ経験を通して、心と体の関係に興味を持つようになりました。調べて学んだことや経験したことを記事にしています。

【IBS日記34】スポールバンの位置を変えたらお腹を下したー過敏性腸症候群ブログ

この記事は以下の記事の続きです。まだ見ていない方はぜひご覧ください。

ibsibs.hatenablog.com

 

 

今週は土曜日のみお腹を下しました。その日以外は好調でした。採点は75点くらいかと思います。

※点数は過敏性腸症候群患者の僕の主観によるものです。ポジティブな気持ちを保つという意味でも甘めに採点しています。

 

f:id:Calvo:20210613174858j:image

 

偶然かわかりませんが、金曜日まで「中脘」(ちゅうかん、おへその少し上)と「臍下丹田」(せいかたんでん、おへその少し下)というツボにスポールバンを貼っていたのを、肌が少しずつかぶれてきたので剥がして、「天枢」(てんすう)というおへそから外側の左右へ親指の幅3本目ぐらいの場所にあるツボに新しいものを貼りました。

 

そしたら、明くる日の土曜日に見事にお腹が不調になりました。まぁ、たぶんお腹を下したのはそのせいではないと思いますが...

 

念の為、その日の夜、スポールバンの位置をまた中脘と臍下丹田に戻しました。仮にツボに効果がなくても、プラセボ効果でまた調子がよくなると思います。たぶん。

 

 【関連記事】

ibsibs.hatenablog.com