心と体の関係を考えるブログ

過敏性腸症候群(IBS)と20年向き合った経験や最近になって慢性化しかけた腰痛に苦しんだ経験を通して、心と体の関係に興味を持つようになりました。調べて学んだことや経験したことを記事にしています。

過敏性腸症候群(IBS)の可能性を測定できるアプリが東北大学から登場!

過敏性腸症候群(IBS)の可能性を測定できるアプリが東北大学から登場
東北大学は2018年1月26日、過敏性腸症候群(IBS)の可能性を測定できるiPhone用のアプリ「おなかナビ」をリリースしました。これはどんなアプリなのでしょうか?

 

東北大学開発の「おなかナビ」とは?

東北大学開発の「おなかナビ」とは?

東北大学が開発した「おなかナビ」は、iPhoneのカメラに指先を当てて撮影すると、内臓の動きなどを調整する自律神経の状態を測定できる優れものです。同アプリは、既に「App Store」で提供されています。

 

過敏性腸症候群(IBS)は、国内に罹患者が約800万人前後いると推定されており、ストレスや自律神経との関連も指摘されています。ただし、症状は日常生活の中で突然起こりますので、医療機関で診察データを得るのは難しく、症状発生の詳しいメカニズムはいまだにはっきりしたことがわかっていません。

 

「おなかナビ」をダウンロードして利用すると、世界基準を元にした過敏性腸症候群の症状についてのアンケートや、下痢や便秘などの症状に関連すると考えられている自律神経活動の測定を受け、記録できます。このようなアプリは世界初です。

 

ユーザーは、アプリの利用を通して研究に協力することになり、そのようにして集まったデータが過敏性腸症候群のメカニズムの解明やより有効な治療法の確立に役立つ可能性があります。また、ユーザー自身も自分の過敏性腸症候群の可能性を調べられるメリットを享受できます。

 

先日発表された、英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)の「THE世界大学ランキング日本版2020」で、総合点で東大や京大を抑えて1位を獲得した東北大学のこの研究から、過敏性腸症候群に苦しむ人を救う新たな発見が生まれることを願います。

 

おなかナビ

おなかナビ

  • Tohoku University, National Universities Corporation
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

 

【関連記事リンク】

ibsibs.hatenablog.com

 

※参照元サイト:

“お腹”の具合から過敏性腸症候群を診断する「おなかナビ」――東北大、医学研究用アプリで病態解明へ - ITmedia エンタープライズ

世界大学ランキング日本版2020 東北大が初の1位 2位に京大、3位に東大と東工大|高校生新聞オンライン|高校生活と進路選択を応援するお役立ちメディア

 


記事の執筆日:2020年4月11日

記事の最終更新日:2020年6月1日