心と体の関係を考えるブログ

過敏性腸症候群(IBS)と20年向き合った経験や最近になって慢性化しかけた腰痛に苦しんだ経験を通して、心と体の関係に興味を持つようになりました。調べて学んだことや経験したことを記事にしています。

【感動】ハゲ・薄毛の人の名言について考える

【全俺が泣いた】ハゲ・薄毛の人の名言について考える

数々のハゲ・薄毛の著名人が名言を残しています。そうした名言は、薄毛の人に大きな勇気を与えます。その中でもカルボが感動した名言を今回はご紹介したいと思います。そんな名言があなたの人生を変えることになるかもしれません。

 

ハゲ・薄毛の人の名言を3つご紹介!

ハゲ・薄毛の人の名言を3つご紹介!

 

・「男ってのは髪の量で決まるんじゃない、ハートで決まるんだ」

(俳優 ブルース・ウイルスの名言)

 

ハゲでも、薄毛でも、ハートの強さでモテることは可能なのだ...。そんな勇気を与えてくれる言葉ですね。確かに、ハゲや薄毛を気にし過ぎて、いつも消極的な印象を与える人は、魅力的ではないですよね。ハゲや薄毛をネタにするくらいポジティブになり、快活に生きていけたらいいですね。

 

・「たくさんの髪の毛があれば誰だって自信は得られる。だけど自信を持った髪の毛がない男はダイヤモンドの原石だ」

(俳優 ラリー・デイヴィドの名言)

 

ハゲ・薄毛をもろともせずに自信を持つことで、フサフサの人以上に輝ける、ということを示す名言です。髪の毛があれば自信を持てるのは当たり前だから普通の輝きしか持てない、でも髪の毛がないのに自信を持てばそれは普通以上の輝きとなるのです。

 

・「髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである」

(ソフトバンク社長 孫正義の名言)

 

素晴らしい言葉です。私たちはいつも頭部を気にし、頭部を体の起点として考えているので、動いている・後退しているのは髪の毛ばかりだと考えていました。しかし、動いているのは実は髪の毛ではありません。頭部が動いている、つまり体が前進しており、髪の毛がその前進のスピードについていけない、ということなのです。ハゲるというは、その人が前を向いて必死に人生を走っていることの証拠なのです。

 

今回は、ハゲ・薄毛の人に勇気や希望を与える名言を見てきました。こうした名言を心に刻んで、ポジティブに生きていきましょう。

 

記事の最終更新日:2020年10月1日