心と体の関係を考えるブログ

過敏性腸症候群(IBS)と20年向き合った経験や最近になって慢性前立腺炎の症状に苦しんだ経験を通して、心と体の関係に興味を持つようになりました。調べて学んだことや経験したことを記事にしています。

【スローコアピロー】は寝るだけで自律神経に効果あり?アマゾンで買える?

スローコアピローは寝るだけで自律神経に効果あり?アマゾンで買える?

画像引用元:スローコアライフ公式サイト

カルボは自律神経失調症を患ったことがあります。これは本当に辛いものです。20代前半で罹った時にはとにかく体がだるく、常に「体の伸びをしたい」という何とも言えない倦怠感に悩まされました。体が怠いので思うように仕事ができず、周りの人からは「怠惰な人」というレッテルを貼られることもありました。でも、そんな自律神経失調症を「スローコアピロー」という一見何の変哲もない枕で改善させることができた、という人がいます。では、このスローコアピローとは何なのでしょうか、それを枕にして寝るだけで効果があるのでしょうか、アマゾンなどで簡単に手に入るのでしょうか?

スローコアピローとは?

スローコアピローとは?

画像引用元:「スローコアライフ」公式サイト

スローコアピローとは?その効果は?

 

スローコアピローは、「ストレートネック」が原因と考えられる肩こりや首こりなどの体の不調や自律神経失調症に対する効果を期待できると言われている健康補助用具です。

 

「スローコアライフ」公式サイトでは、以下のように説明されています。

"スローコアは、元オリンピック日本代表選手で現役の柔道整復師でもある国士舘大学体育学部森脇保彦教授が 「誰もが効果を実感でき、安全安心に寝ながらできるエクササイズ」として総合監修しました。 「いまだかつて体験したことがないほど体が緩まる」というコンセプトで開発、体系化されたメソッドです。 このスローコアは国士舘大学のテーピングマッサージ論、静岡大学の保健体育講座、各種医療系専門学校など様々な 教育機関において、除痛手技やコンディショニングメソッドとして採用されています"

 

 

ストレートネックとは?

 

ストレートネックは首の自然な湾曲がなくなる状態のことで、顔を下に向けてスマホなどをいつも眺めている現代人はこの状態になりやすいと言われています。そして、これが首の骨格の歪みにつながり、神経の通りが悪くなり、体がこったり、さらには自律神経失調症やうつ病などの精神疾患につながったりする可能もあると考えられています。

 

ストレートネックが原因となって起こり得る症状としては、下記のものがあります。

・首こり、肩こり
・背中の張り
・頭痛
・疲れ目、視力低下、ドライアイ
・耳鳴り、難聴
・めまい、ふらつき
・吐き気
・手足のしびれ
・自律神経の失調
・うつ状態

 

スローコアピローは、このストレートネックを矯正する「頸椎の牽引枕」として開発されました。

 

カイロプラクティックの中には、首の頸椎のズレを矯正してさまざまな心身の不調を改善する「アトラスオーソゴナルカイロプラクティック」という治療法があり、実際に劇的な効果を感じることができた人がいるようです。

つまり、

首の歪みは心身にかなりの影響を与え、それを矯正すれば心身の不調が回復する可能性がある

ということです。

 

ということは、このアトラスオーソゴナルカイロプラクティックと同じ「首の問題」にアプローチするスローコアピローに、自律神経失調症などを改善させる効果があるとしても不思議ではないのではないでしょうか。

 

自律神経失調症の人の中には、心療内科などで精神安定剤を処方されて、それによって症状が緩和している人もいることでしょう。でも、もし薬を飲めば症状がなくなるけど、薬を飲まなければまた症状が出てしまう、という状態の場合、自律神経失調症の根本的な解決になっていません。そして、いつまでも薬に頼り続けると、それは体にとって負担となってしまいます。

 

もちろん、医師の指示に従いながら服用していれば危険は避けられる面もありますし、自己判断で薬をやめるのは危険です。

 

ただし、薬に頼るとしても、自律神経失調症の根本的な原因を探ってそれを解決する努力は続けないといけないと思います。そして、首にアプローチすることが、根本的な解決につながる可能性があるのです。

 

<参考>

"首の筋肉の異常が、どのようなメカニズムで自律神経に影響を与えているのかは解明されておらず、いまのところ推測の域を出ません。ただ、はっきりしているのは、首の筋肉のコリ(首こり)を解消すると、自律神経失調症の諸症状が治癒するという現実です"

-引用元:「東京脳神経センター」( https://tokyo-neurological-center.com/blog/399/ )

 

【参考動画】

スローコアピローやアトラスオーソゴナルカイロプラクティックについて語っています。

www.youtube.com

 

スローコアピローは寝るだけで自律神経に効果がある?

 

スローコアピローは、それを枕にして寝るだけで効果を得られるのでしょうか?

 

残念ながら寝るだけでは効果は得られないようです。スローコアピローを使って毎日7分間ほどのエクササイズをする必要があります。スローコアピローにはテキストやDVDが付属しており、それを見ながらエクササイズをすることによって、少しずつストレートネックが改善され、それに伴い心身の不調が回復していくことを期待できる、とのことです。

 

 

スローコアピローは高い?アマゾンで買える?

スローコアピローは高い?アマゾンで買える?

スローコアピローは、

・公式テキスト「ベーシック」
・公式テキスト「パートナー&トレーニング」
・別冊テキスト「お助けガイドブック」
・特別付録「超速スタートガイド」
・特別付録「期待される症例集」
・公式DVD2巻
・チェックシート&アクションシート

がセットになった「スローコアフルパックEX」という形で販売されていますが、通常価格は30,320円(税込)となっています。

 

ただの枕なのに3万円もするとは、結構高いように感じますね…。ただし、スローコアピローの価値は枕そのものだけではなく、付属しているエクササイズのノウハウにもあると言えます。そのエクササイズをスローコアピローを使って実践することで効果を得られるのです。ガイド用のDVDまで付いてくるわけですから、エクササイズの実践がいかに重要であるかがわかります。

 

参考:「スローコアエクササイズ」とは?

"日々の疲労が蓄積したり体のコリや痛みが慢性化すると、体が硬くなります。「体が硬く」なるということは、緊張が抜けず体の力が入ったままの状態になること。これを過緊張(異常緊張)と呼びます。これは寝ている間も緊張が続くため、睡眠の質の低下を引き起す大きな原因にもなっています。さらに厄介なのはこの過緊張は無自覚のため、意識的に緊張のスイッチをOFFにしない限り、スイッチONのまま。これが自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを崩し(交感神経亢進状態)、様々な症状の根本原因となっている可能性があります。この問題を解決するために、緊張のスイッチをOFFにしてリセットする運動療法「スローコアエクササイズ」が考案されました"

-引用元:「スローコアライフ」公式サイト

 

そして、そのエクササイズのやり方を一度身につけてしまえば、今後生涯にわたってストレートネックを矯正・予防することができます。

 

前述したアトラスオーソゴナルプラクティックの料金は、一回で7,000円~8,000円くらいするところが多いようです。そして、頸椎にズレがある人は矯正してもクセで元に戻ってしまうことがあるため、繰り返し通って初めて自律神経がきちんと調整されるようです。5回通えば35,000円~40,000円、10回通えば70,000円~80,000円と、かなりの出費になります。

 

スローコアピローでアトラスオーソゴナルプラクティックと全く同じ効果を得られるわけではありませんが、そうした民間療法でかかる料金と比べると、3万円というのはそこまで高いとは言えないでしょう。

 

スローコアピローはアマゾンでは現在販売されていないようです。でも、楽天市場では販売されており、しかも、セール価格で25,800円(税込、送料無料)となっています。でも、スローコアピローの公式サイトはそれよりさらに安く、送料無料で24,800円(税込)の特別価格で販売されています。

 

以下のリンクから公式サイトにアクセスできます。スローコアピローについて詳しい説明を見ることができますし、購入もできますよ。

公式サイト:【スローコア】

 

記事の最終更新日:2021年8月15日