心と体の関係を考えるブログ

過敏性腸症候群(IBS)と20年向き合った経験や最近になって慢性前立腺炎の症状に苦しんだ経験を通して、心と体の関係に興味を持つようになりました。調べて学んだことや経験したことを記事にしています。

市販の育毛剤は効かない?コスパは最悪?

市販の育毛剤は効かない?

市販の育毛剤にお金と時間を費やしても効果がなかったので「市販の育毛剤は効かないのではないか」と考えている人がいます。では、実際のところ、市販の育毛剤は効かないのでしょうか?

 ※参考文献:
「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

 

市販の育毛剤は効かない?

市販の育毛剤は効かない?

「市販の育毛剤は効かない?」という問いに対する答えは、「効く育毛剤もあれば効かない育毛剤もある」というものです。

 

確かに、効かない市販の育毛剤は非常に多いですが、効果がある市販の育毛剤もあるのです。そして、効果がある育毛剤を見分けるのは決して難しくありません。

 

次の見出しで、効果のある育毛剤と効かない育毛剤の見分け方についてご説明したいと思います

 

効く育毛剤と効かない育毛剤の見分け方

効く育毛剤と効かない育毛剤の見分け方

当たり前の話ですが、効果のある育毛剤は、

 

薄毛に効く成分が入っているかどうか

 

で分かります。

 

そして、市販の育毛剤(塗り薬)に配合されている成分の中で、薄毛に効果があると医学的に確認されているのは二つしかありません。その二つとは、ミノキシジルアデノシンです。

 

そして、専門家たちが薄毛改善に非常に有効だとして特に勧めているのはミノキシジルです。

 

アデノシンも効果がないわけではありませんが、ミノキシジルよりは効果が低いと考えられています。

 

薄毛に効くのはミノキシジルとアデノシン

薄毛に効くのはミノキシジルとアデノシン

ミノキシジル

 

ミノキシジルは、1960年代に、高血圧の経口薬として使われるようになった成分です。しかし、副作用で全身の多毛症を頻繁に引き起こしていたので、薄毛に対する外用薬として臨床試験が実施され、脱毛症に有効だということが確認されました。

 

ミノキシジルを配合した市販の育毛剤として有名なのは大正製薬の「リアップ」でしょう。しかし、数年前に特許が切れたため、他メーカーが競合商品を市場に次々と投入するようになり、今ではミノキシジルを配合した育毛剤がたくさんあります。

 

なお、ミノキシジル配合の育毛剤は、医薬品なので、厳密には育毛剤ではなく「発毛剤」と呼ぶのが正しいです。いわば、「髪が生える育毛剤」ということです。

 

・2018年8月発売:「スカルプD メディカルミノキ5」(アンファー)
・2018年11月発売:「リグロ EX5」(ロート製薬)
・2018年11月発売:「ミノアップ」(東和薬品)
・2018年11月発売:「ミノグロウ」(岩城製薬)
・2019年1月発売:「オルケア」(日新薬品工業)
・2019年12月発売:「LABOMO ヘアグロウ ミノキシ5」(アートネイチャー)


などなど…

 

どれも成分はほとんど一緒で、ミノキシジルが5%配合されています。ですから、効果は基本的に同じです。

 

信頼性や安心感を第一に考えるのであれば、老舗の大正製薬の「リアップX5プラスローション」がいいでしょうし、安さを第一に考えるのであれば最安の「ミノグロウ」がいいでしょう。

 

※ミノキシジル配合の育毛剤には副作用のリスクもありますので、それを使用するかどうかはそれぞれの責任で判断してください。

 

 【楽天市場】


【第1類医薬品】ミノグロウ 60ml×2個セット

 

アデノシン

 

アデノシンとは、核酸の一種で、DNAの遺伝情報に用いられたり、エネルギー輸送に関係したりする成分です。

 

薄毛部位と毛がしっかり生えている部位を比較した研究では、薄毛部位では「FGF-7」という発毛因子が半減しているという結果が出ました。

 

そして、アデノシンは、この発毛因子「FGF-7」を作る働きをします。このため、アデノシンを頭皮に使用すれば、薄毛が改善するのではないかと考えられ、資生堂が実施した臨床試験でそのことが示されました。

 

下記は、アデノシンを配合した資生堂の「アデノゲン」です。資生堂はアデノシンについて特許を取得しているため、他のメーカーはアデノシンを配合した育毛剤を販売していません。効果はミノキシジルよりも劣るかもしれませんが、副作用が確認されていないという点ではおすすめです。

 

 

【楽天市場】


【即日出荷】資生堂 薬用アデノゲンEX L(ラージサイズ)300ml 販売名称:S-AXエッセンスEX

 

多くの市販の育毛剤は効かない

多くの市販の育毛剤は効かないので注意しよう

上記でご紹介した、ミノキシジルとアデノシンが配合されていない市販の育毛剤は効かないです。つまり、

 

「リアップ」や「ミノグロウ」などのミノキシジルを配合した育毛剤やアデノシンを配合した「アデノゲン」以外の市販の育毛剤は効かない

 

ということです。

 

もちろん、ここでいう「効かない」とは抜け毛を予防するとか頭皮を清潔に保つと言った緩やかな効果までないという意味ではありません。

 

薄毛の人が育毛剤に期待するであろう効果がない、つまり目で見てわかるようなレベルで薄毛が改善されることはない、もしくはその可能性が極めて低いという意味です。

 

この点、ネット上には効果のない(緩やかな効果しか期待できないです)育毛剤がたくさん販売されていますので、注意が必要です。しかも、1本(1ヶ月分)あたり7,000円とか10,000円などの高額な価格で売られていますので、コスパはかなり悪いと言えます。

 

そのような効果のない育毛剤に時間やお金を費やすのは賢明ではないでしょう。

 

【「市販の育毛剤は効かない」を語っている動画】

www.youtube.com

 

薄毛を本気で改善したい人におすすめの対策

薄毛を本気で改善したい人におすすめの対策

薄毛を本気で改善したいのであれば、今回の記事でご紹介したミノキシジルを配合した育毛剤「アデノゲン」を使用することをお勧めします。

※ただミノキシジルには副作用がありますので、そのリスクを考慮した上で決定するようになさってください。

 

また、これは育毛剤ではありませんが、市販されていて手に入りやすいという点でおすすめなのが、低出力レーザーです。低出力レーザーの育毛効果は、専門家たちも認めています。

 

中でもオススメの低出力レーザーが、ヘアマックス(HairMax)です。ヘアマックスの効果は臨床試験でしっかり確認されているからです。

 

値段はそれなりにしますが、一度買えば長く使えることを考えると決して高い買い物ではありません。薄毛を本気で改善したいと考えているのであれば、ぜひ利用を検討することをお勧めします。

 

ヘアマックス(HairMax)について詳しくは、下記の記事をご覧ください。

www.calvo-aga.com

 

記事の最終更新日:2020年11月22日